読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AD DS を構築する(1台目)

Acrive Directory Domain Serviceを構築する

AWS EC2を使えば、1年間は低スペックのWindows Serverが無料で利用できるので、Active Directoryの基本機能「ドメインサービス」を構築してみる。
Windows Seerver 2008および2008 R2では役割の一つとして構成する。
AD DSの役割を追加したサーバをドメインコントローラと呼び、ドメインコントローラがドメイン全体を管理する。

1台目なので、親ドメインかつフォレストルートドメインを定義する。
せっかくなので、GUIではなくなるべくPowerShellからやってみる。

ディスクの空き容量が200MB以上ないとインストールに失敗するので、ディスククリーンアップ等で適宜確保しておく。

AD DSの役割の追加

Import-Module "ServerManager"
$result = (Add-WindowsFeature "AD-Domain-Services")
$result

f:id:icicleforest:20161005225722p:plain

Success Restart Needed Exit Code Feature Result
------- -------------- --------- --------------
True    No             Success   {Active Directory ドメイン コントローラー}
参考:役割の追加をPowerShell

Import-Module "ServerManager"した後、Add-WindowsFeature $featureName でインストール。
サーバーの役割と機能を追加する

なおWindows Server 2012の場合、Get-WinodwsFeature で確認、Install-WindowsFeature -Name $featureName -Computer $computerName -Restart でインストール。
役割、役割サービス、または機能のインストールまたはアンインストール

Dcpromo.exeからAD DSを構築

$params = @();
# パラメータファイルの準備
$params += "[DCInstall]";
$params += "ReplicaOrNewDomain=Domain";
$params += "NewDomain=Forest";
$params += "NewDomainDNSName=somemydomain.com"; # DNS機能を追加するときは、すでにNSレコードが登録されているドメインだと失敗する
$params += "DomainNetBiosName=somemydomain";
$params += "ForestLevel=3";
$params += "DomainLevel=3";
$params += "InstallDNS=Yes";
$params += "ConfirmGc=Yes";
$params += "DatabasePath=`"C:\Windows\NTDS`"";
$params += "LogPath=`"C:\Windows\NTDS`"";
$params += "SysVolPath=`"C:\Windows\SYSVOL`"";
$params += "SafeModeAdminPassword=adminpassword"; # パスワードは大小英数記号を含まないと、セットアップ時に失敗する
$params += "RebootOnCompletion=Yes";

$params -join "`r`n" | Out-File ".\mydomain-dc01-create-param.txt"


# Dcpromo.exeから無人インストール
dcpromo /answer:".\mydomain-dc01-create-param.txt"
  • ReplicaOrNewDomain=Domain
  • NewDomain=Forest
  • NewDomainDNSName=somemydomain.com
  • DomainNetBiosName=somemydomain
  • ForestLevel=3
  • DomainLevel=3
  • InstallDNS=Yes
    • DNSサーバも併せてインストールする
  • ConfirmGc=Yes
    • グローバルカタログサーバとしてインストールされるはずだが、念のため明示的に指定しておく
  • DatabasePash="C:\Windows\NTDS"
    • データベースファイルの置き場(ローカルドライブ)
    • 標準は"%SYSTEMROOT%\NTDS"
  • LogPath="C:\Windows\NTDS"
    • ログの置き場(ローカルドライブ)
    • 標準は"%SYSTEMROOT%\NTDS"
  • SysVolPath="C:\Windows\SYSVOL"
    • SysVolフォルダの置き場
    • 標準は"%SYSTEMROOT%\SYSVOL"
  • SafeModeAdminPassword=adminpassword
    • 復元モードで使用するパスワード
  • RebootOnCompletion=Yes
    • インストールに成功したら再起動する

成功すると、(オプションに設定した通り)サーバの再起動が入る。
再起動後、システムの情報を見ると「ドメイン」の欄に作成したドメインが記載されるようになっている。

Dcpromo.exe

Dcpromo

インストール後の確認

スタートメニューに「すべてのプログラム」>「管理ツール」>「Windows PowerShell 用の Active Directory モジュール」を起動し、定義されているオブジェクトを見る。

cd AD:

dir
PS C:\Users\Administrator> cd AD:
PS AD:\> dir

Name                 ObjectClass          DistinguishedName
----                 -----------          -----------------
somedomain           domainDNS            DC=somedomain,DC=local
Configuration        configuration        CN=Configuration,DC=somedomain,DC=...
Schema               dMD                  CN=Schema,CN=Configuration,DC=some...
DomainDnsZones       domainDNS            DC=DomainDnsZones,DC=somedomain,DC...
ForestDnsZones       domainDNS            DC=ForestDnsZones,DC=somedomain,DC...


PS AD:\> cd "dc=somedomain,dc=local"
PS AD:\dc=somedomain,dc=local> dir

Name                 ObjectClass          DistinguishedName
----                 -----------          -----------------
Builtin              builtinDomain        CN=Builtin,DC=somedomain,DC=local
Computers            container            CN=Computers,DC=somedomain,DC=local
Domain Controllers   organizationalUnit   OU=Domain Controllers,DC=somedomai...
ForeignSecurityPr... container            CN=ForeignSecurityPrincipals,DC=so...
Infrastructure       infrastructureUpdate CN=Infrastructure,DC=somedomain,DC...
LostAndFound         lostAndFound         CN=LostAndFound,DC=somedomain,DC=l...
Managed Service A... container            CN=Managed Service Accounts,DC=som...
NTDS Quotas          msDS-QuotaContainer  CN=NTDS Quotas,DC=somedomain,DC=lo...
Program Data         container            CN=Program Data,DC=somedomain,DC=l...
System               container            CN=System,DC=somedomain,DC=local
Users                container            CN=Users,DC=somedomain,DC=local


PS AD:\dc=somedomain,dc=local>

以上で1台目の構築は終了。
2台目以降を作成した場合はレプリケーションやサイト構成を修正する必要がある。